kpcc.seki.kouichiのブログ イメージ画像

2011年04月

         東大和市立第一中学校の桜① 東大和市の桜、我が居住地、東大和市とその周辺の桜をご案内いたします。 4月8日~4月12日、染井吉野桜が満開でした。投稿するのが、大夫遅くなりましたが、どうしようか迷いながら投稿することにしました。  
『東大和市と周辺の桜』の画像

                 プ-ノ市とチチカカ湖 チチカカ湖を「ウロス島」の原住民に大歓迎され、島と湖の観光後、プ-ノ市の丘より、撮影。                            ペル-富士 プ-ノから、リマへ飛行機の中からペル-
『忘れられない大感動の南米旅行⑰』の画像

                  チチカカ湖「ウロス島」① 遊覧船に乗って、30~40分、「ウロス島」に着く。トトラという葦を積み重ねて造られた浮島。大きな島には学校、病院や教会もある。                     チチカカ湖「ウロス島」
『忘れられない大感動の南米旅行⑯』の画像

                アマヤ湖と皇帝の墓① チチカカ湖へ行く途中、標高4000m(チチカカ湖より高く、すぐ傍にある)にある「アマヤ湖」の丘に、プレインカ時代から、インカ時代にかけて、皇帝の墓があり、その権力を誇示すると同時に、遺跡になって、残って
『忘れられない大感動の南米旅行⑯』の画像

列車の中で マチュピチュから帰りの列車の中でタイガ-マスク?とモデルを思わず、シャッタ-。 ウルバンパのホテルで ウルバンパのホテルで、夕食時、アンデス音楽をまた、生演奏で聴く機会に恵まれました。演奏が上手で、しばらく大いに聞き惚れて、時間が経つのを
『忘れられない大感動の南米旅行⑮』の画像

水路 向こう側の縦に筋状に見えるのは水の流れ、即ち、水路で、上手く、建造されている。水路が遺跡から、段々畑を通って、石組の中を水が流れる。石組と段々畑と水路、設計がすばらしいと思う。   太陽の神殿 自然石で建てられ、唯一のカ-ブ造りだ。二つの窓は冬
『忘れられない大感動の南米旅行⑭』の画像

            石切場からマチュピチュ山を望む 遺跡の中を散策しながら、石切場からマチュピチュ山を観るが、これから石切を行うべく石が、数百年経て、崩れている。                     三つの窓の神殿 窓は太陽の昇る東側に向い
『忘れられない大感動の南米旅行⑬』の画像

                 市街地入口門 いよいよ、マチュピチュ遺跡の仲に入る門。石段で囲まれた正門だった。門の高さ2.2m、門の上には3トンの大きい石が渡されている。ここでも石組に驚く。木の扉が取り付けてあったようだ。   市街地入口門に佇
『忘れられない大感動の南米旅行⑬』の画像

                後方にインカの遺跡 マチュピチュへの列車の車窓から、驚くほどの広い範囲にわたる石組み遺跡が列車の後方に見える。水害予防の為の石組なのか?                マチュピチュ遺跡① 終点駅で、列車を降りて、バス
『忘れられない大感動の南米旅行⑫』の画像

                   クスコ市街 サクササイワマン城塞(クスコのキリスト像)からクスコ市街を撮影。家並みがヨ-ロッパ風で、今朝観光した市街が一望。           マチュピチュへ乗る列車 昨日はウルバンパ(標高2800m)で泊まり、1
『忘れられない大感動の南米旅行⑪』の画像

↑このページのトップヘ